miau's blog?

PostgreSQL 各バージョンのマニュアルを見比べる

今回開発機と検証サーバの PostgreSQL バージョンが異なるため「このオプションっていつから使えるようになったんだっけ?」と調べたくなることがあります。

PostgreSQL日本語ドキュメント

これをそれぞれ開いていけばなんとかなるんですけど、ちょっとそれは面倒・・・ということで、軽くスクリプト作成。psql のページ を見比べたい場合は、

use LWP::Simple;
for $ver (qw/837 836 835 834 833 831 830 826 825 824 823 821 820 815 814 813 812
811 810 804 803 802 801 800 746 745 743 742 74 734 732 721 702 702 702/) {
$url = qq{http://www.postgresql.jp/document/pg${ver}doc/html/app-psql.html};
getstore($url, qq{$ver.html});
sleep 1;
}

perl -e→このスクリプトを貼り付け→Ctrl+Z で実行と。各バージョンのファイルが 837.html、836.html ... という形で入手できるので、これを Rekisa で一気に比較、と。

まあ今回は急ぎだったので適当にやっちゃったけど、ちゃんとリポジトリがあるみたいなんで blame/annotate やったほうがいいかと。

PostgreSQL: Coding


posted at 22:30:15 on 2009-03-26 by miau - Category: Perl No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。