miau's blog?

Firefox で repost 警告が出る場合の対応

IE で POST ページに history.back() すると「ページの有効期限切れ」になってしまう、という件は話はよく聞きますが。Firefox でも、

Confirm
----
To display this page, Firefox must send information that will repeat any action (such as a search or
order confirmation) that was performed earlier.

こんなダイアログが出る環境がありまして。普段は何も考えずに POST しなおせばいいんですが、Selenium で「『戻る』ボタンを押しても元の表示が残っていること」なんてテストケースを作ってしまった場合、キャッシュを表示するのと POST しなおすので結果が違ってくるんですよね。そんなわけで原因を調べてみました。

Firefox のオプションにはそれっぽい項目はなし。Configuration Mania のほうでざっと項目を眺めたところ、ダイアログが出る環境では
・[ブラウザ] - [ブラウザのキャッシュ] - [キャッシュメモリーを有効に(通常、決して無効にしないで下さい)]
のチェックが外れているようで。about:config でいうと、browser.cache.memory.enable が false になってしまっていると。これを true にすることで解決しました。

実はこの現象が起きていたのは私のメイン開発 PC なんですが、デフォルトは true らしいので、自分で設定を変更してるはずなんですよね。おそらく目的は
・メモリの使用量を押さえるために設定した
・proxy だかブラウザだかのキャッシュが残って困ったので、キャッシュ回避のために設定した
・IE の「ページの有効期限切れ」周りの検証に使った
のどれかだとは思うんですけど・・・思い出せない。今回この調査で 1 日くらいは使っていると思うので、今後設定変更するときはちゃんとメモしておこうかと。


posted at 01:17:23 on 2009-04-22 by miau - Category: General No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。