miau's blog?

オブジェクト指向入門

Amazon.co.jp

DbC まわりの知識をつけるために読みたいなんてことを 一ヶ月前 くらいに書きましたけど、その直後に入手→ようやく読了。

「オブジェクト指向のバイブル」呼ばわりされてるのは伊達じゃないです。
DbC やら例外、継承なんかを使う指針がずいぶんしっかり身に着いた気がします。
あと「Eiffel の文法をなぜそのように決めたのか」という部分も詳細に説明されているので、言語設計者にも必読でしょう。

ただ、やっぱり素人にはお勧めできない感じです。
教科書っぽい文体で 600 ページ(+Appendix 100 ページ)っていうのは結構ハードですし。
「入門」という言葉に騙されず、一通りオブジェクト指向の概念を身に付けてから読んだほうがいいかと。


とりあえずこれ読んでおけばオブジェクト指向に関して Java な人にも遅れをとることはないかも。
・・・とか一瞬思ったんですが、やっぱり応用分野は Java が一歩進んでるので避けて通ることはできないんでしょうね。
まだまだ先は長いなー。

posted at 17:28:50 on 2005-01-16 by miau - Category: 読了@技術書 No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。