miau's blog?

プログラマの「本懐」−アーキテクトという選択

Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
プログラマの「本懐」 ~アーキテクトという選択 - Amazon.co.jp

出版社

社内で目標管理面談というのがあるので、それに向けてなんとなく読んでみました。

ここ数年漠然と考えてることとして「この業界にいつづけるなら、技術支援部隊みたいのになりたい」というのがあったりします。
今まで色々勉強してきたけど、普通の PG や SE に求められる技術っていうのは狭くて浅いわけで。
もっと広い技術が求められる仕事として、ミドルウェアの選定やらシステムの構成を決定するような仕事ができればなー、と。

アーキテクトっていうのはまさにそういう仕事みたいで、アーキテクチャの設計やフレームワークの構築やらなにやらするのが仕事らしい。
そんな感じでなんだか目指すべき方向が見えたので良かったです。
職業としてのソフトウェアアーキテクト なんて本も紹介されてたのでいずれ読もう。


ちなみに本としては、結構平易な文で書かれてる上に物語風な部分が多いのでかなり読みやすいです。
ただ Java 周りの話がよくわからなかったりしたので、Java の勉強もやらないといけないなーと切実に思いました。

posted at 23:57:23 on 2005-02-22 by miau - Category: 読了@技術書 No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。