miau's blog?

VC++ で ADO とか

VC++ から DB にアクセスする必要が出てきたんですけど、よく考えたら私が VC++ 使ってたのは学生のころで、DB アクセスなんてやったことないんでした。
ODBC よりは OLE DB 使ったほうがいいんだろうなー。

とか考えつついろいろ調べてると、msdn に ADO 用の Visual C++ Extensions なんてものを発見。
# 実際はローカルの msdn 見てたので多少記述違ったりするんですけど
扱いやすいうえにパフォーマンスも優れてるんなら試すしか、ということで試してみました。

が、いろいろ問題が。
まず、サンプルとして載ってる icrsint.h が Visual Studio 付属のものと違う。
それを直しても、妙な定数使ってるもんでコンパイルが通らない。
あと、いちいち RecordSet 用のクラス作るのが面倒な気がしてきた。
(まぁちゃんとオブジェクト指向やってないのも問題なんですけど)


仕方ないので、エクステンション未使用でアクセスすることに。
Using ADO in VC++ あたりを参考にすれば、結構あっさり使えます。
"msado15.dll" を絶対パス指定に変えたのと、sstream.h を sstream に書き換えた以外は特に問題なし。

ADOを利用する - javabasic000 も参考になった。
COleVariant も慣れるとそれほど面倒だと感じなくなるな・・・

posted at 03:17:00 on 2005-04-21 by miau - Category: Work No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。