miau's blog?

よい上司ほど部下をダメにする

Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
よい上司ほど部下をダメにする - Amazon.co.jp

図書館でふと目に留まった本。「今の上司はいい上司だと思ってるけど、自分はダメにされてたりするの?」という疑問が湧いたので読んでみました。

とりあえず、タイトルに騙されました。「よい上司ほど」なんて内容はどこにも載ってません。
原題は SET-UP-TO-FAIL SYNDROME(失敗おぜん立て症候群)で、
・部下がちょっとしたミスをする
・上司は部下の能力を疑い始め、事細かに指示を出すようになる
・部下は自分が信頼されていないと感じ、やる気を失う
・上司はますます部下に煩く指示を出すようになる
というような悪循環について書かれています。

多数の実例を元に書かれているので、なかなか説得力があります。「部下や上司とどうもうまくいっていない」と感じている人はとりあえず読んでみるといいかもしれません。
今自分はこういう状況に置かれてませんが、「上司」を「技術リーダー」に当てはめると心当たりもあったりして。「あの時コードレビューで煩く言い過ぎたかな」とか色々反省したりもしました。

どうでもいいですが、本の構成に関して少々中だるみな印象を受けました。メカニズム部分の説明は、もう少し短くしてもいいのでは・・・。


posted at 20:48:05 on 2007-02-14 by miau - Category: 読了@その他 No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。