miau's blog?

USキーボードねぇ・・・

shiology: 956-070613 USキーボードのメリット

これ読みつつ雑感っぽいのを書いてみる。このページはなんか読みにくいので

javascript:for(var i=0,e;e=document.getElementsByTagName('img')[i];i++){e.style.display='none'};void(0);

とかやってしまったけど、それはともかく。




■最近悩んでること

Thinkpad の X61 Tablet をいずれ買おうと思ってるんだけど、JIS配列のものを買うかUS配列のものを買うか悩み中。
以前 「X60 Tablet ホスィ・・・」とか書いた ときは「全面キーピッチが同じになるからUS配列のほうがいい」って書いたんだけど、よく考えるとそうとも言い切れなくて。

まず第一に、US配列には「無変換」「変換」キーが無い点が挙げられる。「無変換」や「変換」キーとして使うんじゃなくて、ショートカットの幅を広げるのにちょうどいいキーなので。こいつら。
例えば KeyExtension はやっぱり変換キーで使いたいし、Charu3 ではデフォルトで Ctrl+無変換 がストックモードに設定されているし、Japanist で親指シフトのエミュレートをやるのであれば、やっぱりこれらのキーが必須。

第二に「キーピッチが狭くなるのは本当に悪なのか?」という疑問が沸いてきた点がある。

μTRONキーボードの改良案・究極のQWERTYキーボード(タイプ2,3,4)・真のエルゴノミックキーボード・コンパクトなエルゴノミックキーボード

この人はキーボードについてかなり深く考えてると思うんだけど、こういう人がピッチを狭くすることを許容してるってことは、自分が思ってるより「ピッチ一定」ってのは重要じゃないのかもしれない。以前こういうのを使ったときにストレスが溜まりまくったんだけど、もっと慣れれば快適なのかもしれないし。

■使用感としては

たまにUS配列を使っていると「JIS配列だとShift使わずに押せるキーなのになぁ」とかったるい気分になることも多い。
・・・と思ってたけど、冷静に調べてみると、配列によって Shift 要否が変わるのは、

US配列でShiftが必要: : @ ^
JIS配列でShiftが必要: = ` '

これくらいで、どうも Shift の要否は問題ではないっぽい。
プログラミング中は右手の小指を酷使することになる(セミコロンやシングル/ダブルクォート)から、これがストレスになってるのかな。
・・・こういうこと言うと「Ruby(Python)だとセミコロン要らないよ?」とか言われそうだ・・・。

■どうでもいいけど

元URLで、

たとえば、Safariなどで画面表示の文字を大きくしたり小さくしたりするには、
command+[+]およびcommand+[-]を使います。
(中略)
でもJISキーボードだと「+」はshift+[;]に割り当てられています。
これをcommandとともに押すのは面倒すぎ。

って書いてるけど、US配列でも shift 押しながらってのは同じではないんだっけ?
ちゃんと command+[=] でも動作するようになってると思うんだけど。
Acrobat Reader なんかも Ctrl+[+] といいつつ Ctrl+[;] でも動作してくれるし、きっと。
posted at 08:47:03 on 2007-06-25 by miau - Category: Hardwares No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。