miau's blog?

PHPカンファレンス2007

『PHPカンファレンス2007』開催のご案内 - 日本 PHP ユーザ会 (Japan PHP Users Group) :: メイン

行ってきましたので感想とか。ちなみに初参加。

先に断わっておくと、PHP は正直あまり好きじゃないので結構批判的なこと書いちゃうかも。
「だったら参加すんなよ」とか言われそうですが、仕事の都合で PHP 使うことは多いし、ちゃんと動向は押さえておきたいわけです。はい。


■基調講演

最近の PHP 周りの話題とか。結構知られてる内容が多かったと思うんだけど、今回のカンファレンスって上級者向けじゃないの?よく見たら「PHP入門」なんてタイトルのセッションもあるし。

・・・なんて偉そうなことを書きつつ、PHP6 については知らないことが結構ありました。MySQL ND とかサイクル検知できるガベージコレクタとか、Unicode 対応の詳細とか

■大規模サイトの構築・運用ノウハウ

ウノウとグリーの話。ほとんどインフラとかの話で、あまり PHP 関係なかったような。ここまで大規模な構成で運用する機会がないからピンとこないのと、最近この手の情報多いから「どっかで聞いたような話だなー」って部分も多かったので、変なところに注目した感想を書きます。

ウノウのほうは、「近くに住む」とか「メールで起きられるようになる」とか泥臭いノウハウが面白かった。でもサイトを紹介するならスクリーンショットとかも見せたほうがよいのでは?とか思ったりも。

グリーのほうは・・・この人自体が面白いからな。プレゼンの途中にサブリミナルで「GREEはいりたい」なんてスライドを入れてみたり。流石ふじもと神。(と呼ばれてるそうな)
システムを構成しているプログラムのファイル数や行数が紹介されていたのも面白かった。5,300 ファイルで 500,000 行ってことは結構細かくファイル分割してるんだなぁ。あとソースの構成管理やサーバ管理方法も参考になった。(この辺りは小規模システムでも活かせそう)
「正直 PHP だけだときつい」って漏らしてたのも印象的。この人でもそう感じるのか・・・。

どちらにも共通したノウハウとして「ちゃんと拡張可能なようにシステムを構築する」というのがあった。これだけ聞くと「当たり前じゃん」って感じなんだけど、B2C だと一気にユーザが増えたりするから、並の「ちゃんとした設計」じゃスケーラビリティに問題が出るみたい。
特に「JOIN を使うと DB の分割がやりにくくなるから、なるべく行わない」というのが驚いた。私は DB でできる処理はなるべく DB で(複雑な SQL もどんと来い)という主義なので。まあうちは B2B が多いし、がしがし JOIN していきますけどね。

■PHP Framework Update

フレームワークは比較検討とかやってたので、だいたい概要は知ってました。実務で使ったことあるのは CakePHP のみ、という状態でしたが、さて。

・symfony
 激しく機能追加されてるそうな。なんか他のフレームワークに対する対抗心がにじみ出てていいなぁ。
 Definitive Guide が洋書で出てて、Web でも読めるそうな。日本語訳もあるそうで。ちょっと本格的に触ってもいいかも。

・CakePHP
 だいたい知ってる内容。まあ実際使ってるからそうだよなぁ。どちらかというと「この人が yando さんかー」とかそっちに感動(?)してました。
 10月に CakePHP の本を出すそうです。また業務で使うようなら、一通り読んでおこう。

・Piece Framework
 やっぱ独自性があって面白いフレームワークだなぁ。「ステートフルでセキュア」とかいうけど、なぜセキュアなのかやっとわかった。意図しないページ遷移を許さない構造だから、結果的にセキュアになるってことみたい。
 IDE とかもいい感じ。CakePHP はこの辺り(RoR に比べても)弱い印象だったので。

・Ethna
 他の人は自分のフレームワークを売り込んでたのに、Ethna のダメなところを話してくれました。アプローチが面白い。
 やっぱ中の人も大変なんだなー、という感じ。

Ethna の人も言ってたけど、RoR の影響を受けたフレームワークはどれも似たり寄ったりでどうもなぁ。そういう点で Piece の話が一番面白かったけど、rhaco とか Zend Framework(予定にあったけど急きょ中止に)も聞きたかった。

■今日からはじめるPHPエクステンション

PEAR::CodeGen_PECL 1.1.0 以降+PHP 5.2 以降使えって話みたい。ボトルネックの解消とかに使えそう・・・だけど DB がボトルネックになる場合が多いから業務で本当に使えるかは謎。
使い方は SWIG と同じような雰囲気。SWIG うろ覚えだけど。

■ライトニングトーク

タイトルがまだ公開されてないので、タイトル部分は適当です。

・モバイルの話
携帯で気をつける点のまとめ。かなり役に立ちそうだからプレゼン資料公開してほしい。
モバイル勉強会ってのもやってるそうな。個人的にはそこまで深入りしなくていいかな。「みんなも携帯で JavaScript 書こうよ!」みたいな話なら参加したいけど。

・Usagi Project
OpenPNE の fork 版らしいけど、何ができるのかイマイチわからなかった。思想と熱意はわかったけど。

・DB_DataObject
リリースしたらバグバグだった→テストちゃんとしようね(はぁと)みたいな話。ライトニングトークらしい、いい落とし方だ。

・画像処理はモテる
GDがBMPに対応してないとか、PHP4 なら MagicWandForPHP? がオススメだとか、そういう話。でもこういうことができてもやっぱモテないらしい。

・恋愛指南
「○○ができればモテる」系の話かと思ったら、そうじゃなくて本気で恋愛についてのアドバイスだった。
なかなか参考になりそうな。恋愛以外の人間関係にも応用利くだろうし。これも資料公開希望。

・codeなにがし
アクセス集中してロードアベレージが 140 とかすごいことになったけど、ssh で 40 分粘ったらログインできたよ!諦めたらそこで(ry みたいな話。

・ケータイキット for Smarty

前の話(Net_UserAgent_Mobile)はデータの更新が遅いって話だったけど、こちらは有料サービスだけあってそのあたりも大丈夫らしい。最近うちでもこういうソリューションの導入が考えられるようになってきたので、ちゃんと覚えておこう。

・PHPでシェル
PHSH っていう PHP のシェルを作ったよ、って話。プロンプトが「<?php」だったりしてネタっぽい紹介の仕方をしてた(この辺ちゃんとわかってるなぁ)けど、すごく便利だと思う。
Ruby や Python、Haskell、Pugs あたりを触ってて「これ便利だな」って思ったのは、それぞれ対話的な実行環境があること。ちょっと関数の動作を確認/説明したいときにすごく重宝する。Perl も perl -de1 とかでそれっぽい動作はするけど、PHP はこういうのたぶんできないし。
機能面でも面白そうだけど、それより印象に残ったのは思想面。PHP って言語的にアレだから、利用者でも「PHP 大好き!」って感じで使ってる人は少ないんじゃないかと思う。でもこのプレゼンには「みんな PHP 好きだよね!」的な愛があふれててよかった。・・・私は普段のシェルとして使ったりはしないけども。

■その他感想

・大田区産業プラザ(PiO) ってなんか聞き覚えがあると思ったら、去年の YAPC::Asia が開催された場所だ。駅に降りてやっと気づいた。
・YAPC や LL に比べるとテンポの悪いプレゼンが散見されたような。やっぱ一人で一時間とかいう枠だと間延びしちゃうんじゃないかな。
・会場が分かれるのってあまり好きじゃないし、一人あたりの話を短くして、全部聞けるようにしてくれたほうが嬉しいかも。
・ちなみに Thinkpad X61T のバッテリー耐久&使い勝手テストのために、X61T でメモ取ったりするのも試してみた。これはまぁ別項で。
posted at 23:08:40 on 2007-09-01 by miau - Category: Events No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。