miau's blog?

Ruby での Excel 操作

ということで Perl での Excel 操作には慣れてるんですが、最近は Ruby のほうが楽しいかも?とか思い始めてるので Ruby での操作法メモ。

require 'win32ole'

# msoXXX 系の定数を使うためのおまじない。
# msoXXX は Office::MsoXXX として利用できるようになる。(先頭は大文字になるので注意)
module Office
end
WIN32OLE.const_load('Microsoft Office 11.0 Object Library', Office)

# xlXXX 系の定数を使うためのおまじない。
# xlXXX は Excel::XlXXX として利用できるようになる。(先頭は大文字になるので注意)
module Excel
end
WIN32OLE.const_load('Microsoft Excel 11.0 Object Library', Excel)

# Excel の起動
#excel = WIN32OLE.new('Excel.Application')
excel = WIN32OLE.connect('Excel.Application')

Perl と違ってバージョンを指定しないといけないのが面倒・・・だと思ったけど、実は excel オブジェクトを第一引数に渡せばいいだけのような気もする。

とりあえず参考にした URL とか。

Win32OLE の製作過程

→WIN32OLE の情報。マニュアルに載ってない情報もあったような。

Ruby による Win32OLE プログラミング

→ここ見れば済むかも。


posted at 21:31:59 on 2007-09-30 by miau - Category: Ruby No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。