miau's blog?

| 1 | 2 | Next»

2004年 8月 02日 (月曜日)

ActivePerl + Net::SSLeay

- Perl on miau's blog?
以前インストールで挫折してたけど、再度チャレンジ。

Perlモジュール/LWP - WWW上のデータ−主としてホームページ等−を取得し、処理するためのライブラリ。

とかいうページがあったので、それに従ってみる。
でもよく見ると 5.6 用のやつっぽい。
リンク を辿ると 5.8 用のが載ってました。


結局 ppm 開いて

install http://www.gossamer-threads.com/ppm/Net-SSLeay-1.22-5.8.0.ppd

ppm install http://theoryx5.uwinnipeg.ca/ppms/Crypt-SSLeay.ppd


とやるだけでいいらしい。


使い方はかなり簡単で。

use Net::SSLeay qw(get_https post_https sslcat make_headers make_form);

my ($page, $response, %reply_headers) = get_https('www.verisign.co.jp', 443, '/');

とかやるだけで https が使えます。
詳しくは

search.cpan.org: Net::SSLeay - Perl extension for using OpenSSL
Net::SSLeay - OpenSSLやSSLeayを使うためのPerl拡張

あたりを参照、と。


ふー。これで変なとこで stunnel 使わなくて済みそう。
20:06:10 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 03日 (火曜日)

テクニカルエンジニア[ネットワーク]

- Exams on miau's blog?
秋の情報処理試験はテクニカルエンジニア[ネットワーク]受けます。
去年、一昨年と落ちてしまったので、3度目の挑戦だったりします。

ここ2年の敗因を分析すると

・一昨年
 単純に実力不足。
 基礎知識も不足してたのでもっと勉強すべきでした。

・去年
 二度目ということで油断して1ヶ月弱しか勉強せず。
 午後問題集を2周くらい解くつもりが結局半周くらいで試験当日。
 徹夜明けの寝ぼけた頭で解答→ポカミス連発。

ということで、今年の目標は試験の1ヶ月前までに「まぁ合格できるだろう」レベルにもっていくこと。
いきなり仕事が忙しくなるかもしれないし、それくらい余裕持って臨みたいところ。

小論文のない情報処理試験なんて勉強したかしてないかという程度の話ですし、さすがに3度落ちるのはどうかと思うわけですよ。

ということでとりあえず決意表明もどきでした。
01:10:13 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 06日 (金曜日)

Zero Suppress

- General on miau's blog?
現在のプロジェクト、ようやく来週末で一段落の予定です。
ということで、PG の私はバグ修正とかに追われてるわけですが。

・・・2 年続けてきたプロジェクトだってのになんでリリース直前にまだバグ修正してんだ、とかいうツッコミはさておき、本日の会話(要約)。

上司:「ここの書式、右揃え 4 桁に変更しておいて」
 私:「4 桁に満たない場合は先頭にゼロつけるんですか?」
上司:「ここに書いてるけど、フォーマットは『ZZZ9』で」
 私:「?この Z ってなんですか?」
上司:「ゼロサプレス」
 私:「?」
上司:「・・・あー。若い人は知らないのか。ゼロ埋めしないで空白入れるって意味」

聞いてみると COBOL 的な表現だそうで。
IT用語辞典: ゼロサプレス 【zero suppress】
に書いてるとおり、ぱっと見ゼロ埋めかと思っちゃいました。

んー・・・まぁ常識だったりしそうですが、めずらしく上司のひとから知識が得られましたというお話(?)
00:30:25 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

テクニカルエンジニア[ネットワーク] - その2

- Exams on miau's blog?
今年の勉強方針みたいなものを書いておこうかと。
# 去年まで使用した本のレビューも兼ねて

・色々忘れてるので 情報処理教科書 ネットワーク(テクニカルエンジニア)〈平成13年度〉 を読んで復習。
 FDDI とか ATM とか馴染みのない分野も試験範囲だったりしますが、この本は そういうのをさらっと学ぶのに良い感じ。

 ちなみにこれは今週頭の時点で読了。
 さすがに 3 回目なのでモティベーションがあがらなくて結構苦労した。

ネットワーク[午後]オリジナル問題集 2003年度版 テクニカルエンジニア を解く。
 この本は問題とか解説とか結構しっかりしてると思います。

 実際に自分で解答書くのが一番勉強になるので、朝早く出勤して会社で or 出勤前後に家で解くことにしよう。
 1週間のノルマを 100 ページということにしておいて、平日時間が取れなかった場合は週末図書館に篭って解く、ということに決めておこう。
 というか今決めた。

・通勤中はそれ以外の本とか読む。
 午前問題くらいなら電車の中でもできるので、テクニカルエンジニアネットワークテーマ別問題集〈平成14年度版〉情報処理テキスト は試験までに一回さらっとやりたいところ。
 上のほうに上げた2冊はネットワークに特化した問題なので、午前問題でコケないため念のため。
 
 一年目は 総対策 ネットワークテキストマスタリングTCP/IP 入門編 を一生懸命読んでたけど、試験対策という意味では非効率かなと。
 午後問題解いたりして勉強するポイントが絞れていればそれなりに役に立つかも。

・さすがに試験勉強ばっかじゃ飽きるし、余った時間でそれ以外の本とかを読み進める感じで。
 でも本のチョイスにもネットワーク系の本をからめていきたいところ。
20:28:12 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 08日 (日曜日)

暗号技術入門−秘密の国のアリス

- 読了@技術書 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
暗号技術入門-秘密の国のアリス - Amazon.co.jp

サポートページ

N+I で 10% 割引購入しておいたんですが、ようやく読むことができました。

結城浩さんお得意の「わかりにくい概念をわかりやすく解説」本。
噂どおり、かなりわかりやすかったです。

私だけかもしれませんが、セキュリティ周りの技術って一度勉強しても結構忘れてしまいます。
でもその原因は結局正確に理解できていないところにあったようで。
実はこの本読むまで
・メッセージ認証コード
・デジタル署名
・証明書
あたりがごっちゃになってたんですが、これ読んでようやく理解できた気分です。

途中でクイズが入ってるのもポイント高いです。
やっぱ読者に頭使わせる構成のほうが理解が深まりますしね。

あと、サポートページから行ける「ギコ猫と暗号技術入門」もまとめとしていい感じ。
23:40:23 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 11日 (水曜日)

Momonga Linux(挫折)

- General on miau's blog?
(08/07)
大学のころ kondara を(一応)使ってたこともあり、
「Momonga が出たら Linux の勉強始めようかなー」
なんてことを言ってたのが昨年くらい。

とりあえず Momonga 出たので使ってみようと、イメージダウンロード& DVD 焼いて。


(08/08)
nx9005 にインスト。
・・・あー。キーボード認識しないんだっけ。
なんでもいいからキーボードないかなー?

あ、テンキー発見。
テンキーで Num lock あたりを送ってやると普通にキーボード使えるようになるみたいです。
なんだこれ。

でまぁその後は普通にインストール完了。
再起動してみると・・・↓のような表示で止まってしまう。

:
ACPI: Subsystem revision 20040326
PCI: PCI BIOS revision 2.10 entry at 0xfd87b, last bus=3
PCI: Using configuration type 1
Looking for DSDT in initrd ... not found!
ACPI: IRQ9 SCI: Level Trigger.

うん。なにがなんだかさっぱり。


(08/09)
まぁダメもとで BIOS とかそのへんのアップデートとかやってみようかと。
BIOS のアップデータを FD に置きたいんだけど、なんかやたらてこずって。
どうやらデスクトップマシンの FDD が壊れてたらしい。
あー。無駄に FD 廃棄しちゃったよ。

仕方ないからノーパソの Windows で・・・って Windows 起動しなくなってるじゃん。
fdisk /mbr とか懐かしいなぁ。

ん。BIOS アップデートしてもやっぱダメ。
まぁちょっと使ってみたかっただけだし、また Fedora でも入れようかと。
mo? って感じで可愛いモモンガと戯れることができないのは残念ですが、そこは ぽえりな でカバーするしか。

・・・いや、しませんって。
02:05:05 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 16日 (月曜日)

スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学

- 読了@技術書 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
スーパーエンジニアへの道―技術リーダーシップの人間学 - Amazon.co.jp

「100 冊」に載っていたので、ワインバーグ本の取っ掛かりとしてとりあえず読んでみました。

邦訳のタイトルは「スーパーエンジニア」とありますが、そのタイトルからたぶん想像される技術的な内容ではなく、副題の「リーダーシップ」という単語が本書の内容を的確に表しています。(これは訳者の方も言ってます)

リーダーに必要なものとして
・動機づけ
・アイディア
・組織化
という3つを柱として挙げているのですが、説得力のある喩えや事例が盛りだくさんで色々納得させられます。

ちなみにここでいうリーダーというのは役職によるものと等価ではないので、人を従える立場でない人もぜひ。
ただ「不意に役職上リーダーになってしまった」という人が読むと得るところが多いでしょう。
各章の終わりに設問があるのですが、これはリーダーとしての経験を持っていたほうが効果高そうですし。
というか私は消化不良の部分も多かったので、実際そういうことになったら読み返そうと思ってます。

和訳はもう少しわかりやすく書けそうな気もしましたが、古い本ですしこんなものかなと。


主題からは逸れますが、気になった設問。(第二二章の七)
読者といっしょに働いている人々のうちから、技術的能力を増すようなことを教えてもらえる相手を三人挙げることができるか。もしそうでなかったら、なぜ読者はそこで働いているのか。またもしそうなら、読者はこの資源を最大限に活用しているか。

頭の隅で転職とか退職とかちらついてるので、こういうのには結構敏感だったり(笑)
今のプロジェクトで3人・・・だとすると、微妙。
そりゃいろいろ知ってる人はいるんだろうけど、あまりにも関わらなすぎ。
02:39:42 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

Enterprise Architect

- General on miau's blog?
仕事で設計書書いてたんですが、どうもしっくり来なくて。
そんなとき UML PRESS Vol.3 を読んでたら UML 2.0 の記事が載ってて、どうもシーケンス図とか結構拡張されているらしい。これ使えばそれなりにすっきり書けるような?

で、検索してみると Enterprixe Architect とやらが UML 2.0 に対応しているらしいので、体験版を使ってみました。
そんなわけで久々に UML CASE ツールのレビューです。(例によって一部の機能しか使わないんですけど)
[Read More!]
21:36:14 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 18日 (水曜日)

解析魔法少女美咲ちゃんマジカル・オープン!

- 読了@技術書 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
解析魔法少女美咲ちゃん マジカル・オープン! - Amazon.co.jp

出版社(サポートページ)
OFFICIAL WEB SITE(Flash とかあります)
はてな?

やねうらおさん+saxyunさんというわけわからない組み合わせのため即買い。

私は一応昔ゲームプログラマーを目指してたので、やねうらおさんは神のような存在で。
プログラミングに関するコンテンツとかも結構好きで、大学の頃よく見てたし。
その人が書いたクラック本となると買わないわけには。

で、ちょうど explorer.exe の解析とかしたい気分だったので読んでみました。

内容は OllyDbg を使ってプログラムの解析してみましょう、というもの。
対話形式で進めてるので出てきそうな疑問点とかも結構押さえられてます。

アセンブリの基本が解説されてるのはいいんですが、stdcall と cdecl の違いや、DLL injection の方法(さらに API Hooking の URL)とかも載ってて、ちょっとショック受けたり。
ちまちまがんばって身に付けてた知識が一冊の萌え本で網羅されてしまうのもなんだかなぁ。

という感じで良い本なんですが、欠点は後半(1種スーパークラッカー試験)あたりからかなりスピードアップすること。
スピード感というか臨場感があるのはいいけど、もう少し丁寧に解説しないと読む人結構きついのでは?
まぁ原稿間に合わなかった部分もあるっぽいし、本物の臨場感が如実に表れてるのかもしれない。

あと、サンプルコードがもっとたくさん欲しかったような。
1種スーパークラッカー試験も実際解いてみたかったし。


ちなみに萌え本としても合格でしょう。saxyun さんだし。
ていうか絶対新しいゴースト作る人いるよ。
01:06:38 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

携帯ストレージって言うのかな?

- Hardwares on miau's blog?
今日はひさびさにノーパソ持って出勤しました。
理由は・・・2GB くらいのデータを手っ取り早く持ち運べる方法が無かったから。
会社のマシンには DVD 系ドライブついてないし、だからといって CD-R はかったるいし。

でもそれだけのためにノーパソ持ち歩くのはなんなので、USB ドライブとか携帯できる HDD みたいのを適当なタイミング買おうかなと。
で、当然何を買うか悩むわけですが。

判断材料としては、

・携帯性
・機能性(容量、転送速度、パスワード認証、指紋認証)
・付加価値(ボールペン、時計、MP3 プレイヤー、レコーダー、デジカメ)
・付属品(延長ケーブル)

あたりがあるっぽいです。他にありますかね?

容量は当然気になるんですけど、価格あたりの容量はどんどん安くなっていくでしょうし、そのタイミングで一番コストパフォーマンスに優れているものを買えばいいかなと。
ただ今回みたいに DVD レベルのデータを持ち歩きたくなると予想されるので、どこかのタイミングで数 GB くらいの容量を持ち歩きたいところ。

・USB ドライブがそれくらいまで容量増えるのを待つ
・手始めに 256 MB くらいのを買ってみる
・HDD 系を買ってしまう

あたりで迷い中です。

にしても、容量に物足りなくなったらフラッシュメモリーだけ大容量のものに変えられるとか、そういう製品ってあるんですかね?
付加価値のある製品を買おうと思った場合、そういう部分のフォローがあれば強いと思うんですけど。
01:21:27 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 19日 (木曜日)

ucfirst ぽい話

- General on miau's blog?
本日の会話(要約)

A:「makefile って先頭大文字でも大丈夫だよね?」
私:「そーゆーのもよく見かけるんで大丈夫だと思うんですけど」
B:「っていうかそっちが普通って話だけど」

え。
そういえば何気なく使ってたけど、どーなんだろ。
と、調べてみると・・・ここ

However there is a way to specify files with non-standard names as explained later. The common practice is to use “Makefile” as the name of the input file because it easy to distinguishfrom other files due to upper case M.


とか載ってて。
orz となりつつもさらに調べてみると・・・ここ

By default make tries the following in order:
・GNUmakefile
・makefile - best choice, if source-file names start with upper case
・Makefile - best choice, if source-file names start with lower case


なるほどこっちのほうがより正確かも。
今回に限っていうとプログラム類が大文字で始まるから makefile でよかったのか。
運がよかったのか、それとも誰かの意図が働いてたのか知らないけど、まぁ結果オーライ。


こういう細かいとこでも、こだわりを持ってる人は結構いるらしくて。
例えば perl って単語も "Perl" だと言語を指して "perl" だとインタプリタのプログラム(/usr/bin/perl とか)自体を指す、とか。

そんな感じでなんか誤用とか見かけたら教えてください。


「普通は Makefile だってば」的ツッコミをいただいたので、さらにちょっと調べてみました。

・O'reilly の makeMAKEの達人 を立ち読みしたところ、基本的に makefile のほうで説明されてるっぽい
 とはいえファイル名に関する記述は数箇所だけなのであまり参考にならない
・Makefile にしておけば、一時的に設定を変更したい場合にも makefile を置くだけで対応できるのでちょっぴり便利

ソースファイルは小文字の場合が多いでしょうし、どちらか迷ったときは Makefile を選ぶことにします。
09:09:57 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 21日 (土曜日)

coLinux + Momonga

- General on miau's blog?
Momonga 入れるの、実はまだ諦めてなかったりして。

coLinux なら動くかな?ということでググってみると、あっさり

子ももんが - Inertia

というところに行き着いて。
とりあえず ERROR STORM を参考にしつつ、上記サイトの通りにやったらだいたいうまくいきました。

引っかかった点としては

・Lhaplus で 3GB のファイルを解凍しようとすると 2GB くらいのところで固まってしまう。
 とりあえず WinRAR で解凍しました。

・古い coLinux(0.6.1)を入れてたので default.colinux.xml の initrd タグが使えなかった。
 書いてる通り、ちゃんと coLinux-20040710.exe(0.6.2)を使えば OK。

・WinPCap のほうだとネットワークがうまく使えなかったので TAP のほうで coLinux インストールしなおしました。

・TAP でも初めなぜかうまくいかなかったんですが、インターフェイスが動作してなかったっぽい(?)です。
ifconfig eth0 up xxx.xxx.xxx.xxx netmask 255.255.255.0 gateway xxx.xxx.xxx.xxx

 みたいにやると大丈夫でした。

・とはいえ再起動するとダメだったので、通りすがりのスーパーハカーな方に聞いてみると、

vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

 とかやって編集して

/etc/init.d/network restart

 で再起動するよう言われた。すいません DQN で。

・coLinux にしろ coLin にしろ、ショートカットから起動する場合はちゃんと作業フォルダを設定する必要があるっぽい。


なんだかんだで 3〜4 日かかったような・・・。
18:30:21 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 22日 (日曜日)

SEのための見積りの基本 SEの現場シリーズ

- 読了@技術書 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
SEのための見積りの基本SEの現場シリーズ - Amazon.co.jp

出版社

7/23 くらいの blog に「読みたい」みたいなこと書いてたら先輩が貸してくれました。

発注者、受注者それぞれに関して内部の役割(企画室/開発室、営業/PM/各種 SE)を説明し、開発の各局面で誰がどのような役割を担うか、というようなことが説明されています。
その過程でどのような見積りを行うことになるか、ということが説明されてあり、なるほど確かに見積もりの本なんでしょう。

ですが、個人的には見積もりに関する部分よりも開発プロジェクト全体の流れや、各局面において誰にどのような不満が生じやすいか〜という部分が参考になりました。


・・・えーと。以下欠点です(笑)

・見積りの本としては結構微妙だと思います。
 COCOMO が中心に据えられており、それに派生して WBS なんかも使ってますが・・・それ以外の手法(ファンクションポイント法とか)は語句の説明程度です。
 まぁ COCOMO は行数から規模が見積もれるので、私のような素人が今回のプロジェクトの適正な見積もりを出すには丁度いいんですけど・・・タイトルからしてもっと網羅的な知識が得られるのかと思ってました。
 そうならそうと最初に書いてほしいとこです。

・COCOMO の欠点をほとんど無視して話を進めています。
 プログラマから見ると「プログラムの行数が多い=下手なプログラム」という意識もありますし、COCOMO はそうすんなり受け入れられるものではありません。
 また、人月の神話やらピープルウェアで言われるような、コミュニケーションその他の要素にも言及されていません。 一言「実際にはもっと複雑なものになる」とか前置きがあれば安心して読めたんですけど・・・ちょっと不親切な印象です。(結城浩さんの本とかはこのへんしっかりしてるんですが・・・)

・図表もずいぶんわかりにくいものがあります。読み解くのにずいぶん時間食いました。

・用語なんかが私の思ってたのとずいぶん違う使われ方してます。
 フェールセーフとか回帰テストとかの説明読んでて「???」となってみたり。
 とはいえ私の知識がおかしい可能性大なのでもっと勉強してみないとなんとも言えませんが。


良くも悪くも経験に大きく頼った本になっていて、全体的に完成度の低い(記述にずいぶん偏りがある)本、という印象でした。
※文句ばっか言ってるみたいですが、良い部分は良いんですよ・・・
編集者やレビュアーがちゃんとしてればもっと良い本になったと思うんですが・・・このへんが名著と言われる本との違いなんですかね。
02:53:00 - miau - 2 comments - No Trackbacks - Permalink

2004年 8月 26日 (木曜日)

Hotmail

- General on miau's blog?
プライベートなメアドとしては Hotmail を使ってるんですが。

なんか最近 MCP Mail Service が届かないなー、と不思議に思ってたわけです。
最後に MCP 系の試験に合格してから 1 年くらい経ってるから、もうメール受け取れなくなったのかなー、くらいに考えていたんですけど・・・今日会社から送ったメールも届いてなくて。

???

よく見ると迷惑メールとかいうフォルダに 9 件ほど未読が。
フィルタの設定した覚えとかないんだけど・・・?
と開いてみると、会社からのメールや登録してるメルマガがいくつか勝手に振り分けられてました。

しかも
[迷惑メール] フォルダにあるメッセージは、5 日を経過すると自動的に削除されます。

って、なんてことを。
一ヶ月ぶんくらいのメールが消えてる可能性あるんですけど。

そんな感じで Hotmail のほうにメール送って返事来ない方(あまりいないと思いますが)は再送してみたほうがいいかもしれません。

最近容量が 2MB → 250M に拡張されて喜んでたんですが・・・やっぱフリーのメールサービスなんてこんなもんですか。
というか自社のメールも届かないって何考えてんだか。
01:15:18 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

NET スキルチェック?

- General on miau's blog?
PC基礎スキルチェック

ひさびさに MCP のメール開いたらリンクされてたので受けてみました。

>パソコンスキルと Microsoft アプリケーションの操作知識を 10 分で診断

なんだそうで。


えーと・・・感想ですが。
ネタですか?これは。

・いきなり Excel のカーソルの形状とか聞かれた。
 それって覚えなきゃいけないことですか?

・画面の遷移がおかしい。
 「次の問題へ」みたいなの選んでもたまにトップページに戻ったり。

・10 問受けるんですが、重複してる問題がありました。ちょっとお粗末では。

・ゲスト ID でテストを受けるんですが・・・利用者は全員同じゲスト ID でテストを受験しているらしく、診断結果を見ようとすると

 409 回目 2004/08/26 9問正解/10問中
 408 回目 2004/08/26 0問正解/10問中
 407 回目 2004/08/26 4問正解/10問中
 406 回目 2004/08/26 8問正解/10問中
 :


 みたいな一覧が表示されます。
 ・・・私の記録はどれですか?(一応前の画面で正答率は表示されたんですけど)


ま、そんな感じでネタにしかなりませんでした。
# ということでカテゴリも Exam には入れません。
01:30:55 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink
| 1 | 2 | Next»