miau's blog?

| 1 |

2007年 7月 01日 (日曜日)

「話し方」の心理学

- 読了@その他 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
「話し方」の心理学―必ず相手を聞く気にさせるテクニック - Amazon.co.jp

Amazon のおすすめ商品に入っていたので図書館で借りてみたパターン。
読みながら「自分(あの人)はどうだっけ?」とか「あの場面はこういうことだったのかな?」とか考えてしまうので、予想外に読むのに時間がかかりましたけど・・・かなりの良書です。

「たいていの人は自分以外の人間など眼中にない」とか「相手の話を聞いて考えるという状態は不自然」とか、話すことの難しさが語られています。その前提でどうすれば相手に話を聞いてもらえるか、というようなことが書いています。心理学者が書いてるせいか、考察が深くて色々納得させられます。
例えば私のように理屈っぽい人間は論理的に他人を説得しようとしがちですが「感情的な反応に対して論理は無力である」「論理的思考と感情の両面で人を納得させなくてはならない」なんて言葉もあって、気をつけようと思いました。

私は聞き手に回ることが多いので、どちらかというと話をよくする立場の人に読んで欲しいところ。今まで「話し方は上手なのに、この人の話を聞くのは楽しくない」という人にも出会ってきましたが、特にこういう人が読むと効果的なのかも。
05:08:00 - miau - No comments - No Trackbacks - Permalink

2007年 7月 09日 (月曜日)

言葉と声の磨き方

- 読了@その他 on miau's blog?
Amazon.co.jp の紹介ページ(アソシエイトあり)へ
言葉と声の磨き方 - Amazon.co.jp

例によって Amazon のおすすめ商品にありまして。普段は図書館で借りるところですが、練習系の本は長期使用するかもしれない&CDつきということで、そのまま Amazon で購入しました。ちなみにどこかの書評でもあったように、価格が 1,470 円と配送料無料にになる 1,500 円に 30 円足りなかったので、余計に 1 冊購入。

文章とか構成はイマイチな部分もありますが、さらっと読める本です。40 分程度の CD がついていて、今後練習するのであれば本は読まずにこちらを流しながら練習するとよさげ。

以前似たような本として ここからはじめる 発声法 を読んでますが、これと比べると結構書いてる内容に差がありました。差異をまとめると、
・「発声法」のほうは胸式呼吸推奨だったけど、「磨き方」は腹式呼吸推奨。
・練習内容もそれに沿っていて、確かにこの練習してると腹筋が鍛えられるのがわかる。
・チェストヴォイス、ミドルヴォイス、ヘッドヴォイスの3種類の発声法と、その使い分けが紹介されている。
 これに依った説明をしている箇所も多い。
・CD がついてるので、具体的にどういうテンポで練習すればいいかわかりやすい。
・舌や顎の使い方に関しては「発声法」のほうが詳しい気がする。
 CDのトレーニングでは、ヴォイス・メイクを使ったトレーニングほど舌や顎が疲れなかった。
みたいな感じ。

一つ難点を挙げると、滑舌を良くするトレーニングでいきなり「赤い色・淡い色・明るい色・暖かい色の中で、あなたの一番好きな色はどれ?」みたいな文章を復唱させられるところ。記憶力の練習じゃないんだから、どこかでテキストをダウンロードできるようにしておいて欲しかった。

もう一つちょっと気になるのは Amazon のレビュー数が多すぎる点。それほど有名な本だとは思えないんだけど・・・・ここまでベタ褒めが多いと「信者じゃないの?」と思ってしまう。気にしすぎかな。
03:09:30 - miau - 7 comments - No Trackbacks - Permalink
| 1 |