miau's blog?

Subversion 1.6.1 で auto-props にセミコロンが使えるように

以前「SVN の auto-props でセミコロンが表現できない」と嘆いてましたが、svn の CHANGES によると、

Version 1.6.1
(10 Apr 2009, from /branches/1.6.x)
http://svn.collab.net/repos/svn/tags/1.6.1

User-visible changes:
:
* allow escaping of separator characters in autoprops (r36763, -84)
:

とのことで。svn 1.6.1(TortoiseSVN 1.6.1)でようやく導入されたようです。




使い方は

No escaping of separator characters in auto-props - subversion: 課題 2068

こっちに上がってて。

If you want to introduce a semi-colon ie., ';' in a property value, then do it
by escaping with another semi-colon.

「;」をあらわしたい場合は「;;」のようにすれば OK とのこと。

たとえば *.php ファイルに
・svn:eol-style=LF
・svn:mime-type=text/plain; charset=EUC-JP
の 2 つを自動設定したい場合は、

*.php = svn:eol-style=LF;svn:mime-type=text/plain;; charset=EUC-JP

ように書くということですね。(※実際の動作までは確認していません。)

・・・ということで便利にはなったんですけど、ちょっと時期が遅かった気がしますね。新規システムは UTF-8 で作るのが基本だから、「PHP は EUC-JP で、Smarty テンプレートは Shift_JIS で」みたいなルールは、古いシステムを扱わない限り必要になりませんし。

あとはリポジトリ単位でこの設定ができるようになれば、不自由なく使えるんですけど・・・これは難しいんでしょうね。SVN の思想的にサーバ側で auto-props の処理が入ることは無いだろうし、途中のディレクトリもチェックアウトできる(各ディレクトリに .svn を保持する)造りだからクライアント側にもリポジトリの情報を保持する場所がないわけで。こういうところは分散型リポジトリのほうが柔軟でいいですね。
posted at 12:31:56 on 2009-04-15 by miau - Category: General No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。