miau's blog?

Wnn 風辞書ファイル(MS-IME)

Wnn 風辞書ファイル(MS-IME)作ってみました。

WnnSymbols.txt
WnnSymbols_IME2002.txt(IME 2002、2003用)

Wnn で実装されてる記号入力機能を真似た辞書で、「zh」が「←」に変換されたり、「z$」が「■」に変換されたりします。

以下色々説明。




■経緯

数ヶ月前 XUL/Migemo の辞書ファイルを眺めてたときに 「→」の読みとして「zl」とか登録されてるのを発見しまして。
昔 Wnn を使っていたので「これいいなー」と思って MS-IME にも登録したのでした。

今回マシンを数台セットアップしてまたこのへんを登録しようと思ったのですが・・・どうせなら Wnn 風のを全部登録した辞書ファイルとか準備しとけば早いかなと。
それくらい誰かが作ってそうなので探してはみたのですが・・・見つからなかったので作ってみた次第です。


■使い方

MS-IME の「単語/用例登録」→「辞書ツール」を開いて
「ツール」メニューの「テキストファイルからの登録」を実行。


■作り方というか参考 URL

http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/linux/wnn7.html

このページの表をタブ区切りに整形。
品詞は「顔文字」とかに近いかなとも思ったけど、顔文字は話し言葉優先モードのときだけしか有効にならなそうな予感がしたので独立語扱いで。
あと実際登録してみるといくつか使えないものがあったので微調整。


■キーマップ

101 系のキーでは

http://hep-www.px.tsukuba.ac.jp/~yuji/myprod/forMe.html#wnnegg

あたりを参考にしていただくとして。
ここでは 106 系のキーマップもどきを。

元。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 − ^ ¥
Q W E R T Y U I O P @ [
A S D F G H J K L ; : ]
Z X C V B N M , . / ¥


zx
○ ▽ △ □ ◇ ☆ ◎ ¢ ♂ ♀ 〜 ★ \
《 》 ぜ 々 〆 zy ず じ ぞ 〒 ▼ 『
ざ ヽ ゝ 〃 ‐ ← ↓ ↑ → ゛ ゜ 』
zz :- 〇 ※ ° ′ ″ ‥ … ・ \


zX
● “ ▲ ■ ◆ £ ‘ 【 】 -- ≠ ¨ ‖
〈 〉 ぜ 仝 § zY ず じ ぞ ↑ ´ 〔
ざ ヾ ゞ → ― ← ↓ ↑ → × ± 〕
zZ :-) ℃ ÷ ← ↓ 〓 ≦ ≧ ∞ ∴



■補足

・MS-IME は英数字の大文字/小文字を区別せずに辞書を作成しているようです。
 そのため実際は zv → "※" と "zV" → "÷" は区別されず、 (zv|zV) → ("※"|"÷") と 2 つの候補が存在している状態になります。
(その他の z + 子音の組み合わせも同様です)

・日本語入力時に勝手にかな変換されるものは、かな変換後のものも登録しています。
 z[ →(自動変換)→ "z「" →(辞書変換)→ "『"
 z] →(自動変換)→ "z」" →(辞書変換)→ "』"
 z, →(自動変換)→ "z、" →(辞書変換)→ "‥"
 z. →(自動変換)→ "z。" →(辞書変換)→ "…"

・変換の直前に補完処理が行われるものは、補完後のものも登録しています。
 zn →(変換時補完)→ "zん" →(辞書変換)→ "′"


■感想

・Wnn ではローマ字→ひらがなの変換ルールと同レベルで実装されていましたが、MS-IME では辞書を利用しているので 1 アクション必要になってちょっとめんどくさいです。

・106 系の配列だと記号の配置が違うので、「▼」あたりが微妙かなと。


なんかがんばって作ってしまいましたが、もっといい方法をご存知な方は教えてください。


(2005/07/31 追記)

IME 2002 で登録できない部分があったので修正しました。
うまく動作しない部分があるかもしれません。
posted at 00:23:30 on 2004-12-18 by miau - Category: General No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

miau wrote:

IME 2002 用のも追加したので age
2005-07-31 01:52:53

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。