miau's blog?

ffftp quick hack をさらに hack

(2007/09/18 追記)

この変更は FFFTP 1.95 で本家に取り込まれました。詳細は こちら


(2006/11/28 追記)

さらにいじったものが こちら にあります。
好みが分かれると思いますが、一応。

(追記おわり)


FFFTP。言わずと知れた国産 FTP クライアントですが、ちょっとキーボードの操作に難ありです。

ということで、ちょっといじろうと思ったんですが・・・ソースファイルが VisualStudio .NET 用のものになっているので、VC++ 6.0 でうまく開けないことに気づいたり。
ということで、ffftp quick hack を元にちょっといじってみました。

ffftp-1.92-hack2.zip(ソース+バイナリ)

やる気ないのでファイル名等々は quick hack そのままです。




変更点はだいたいこんな感じ。

○ファイルリスト部分で Alt+D 押下すると、アドレスバー部分にフォーカス
 Explorer や各種ブラウザ風。
 ローカルファイルはローカルファイル同士、リモートファイルはリモートファイル同士の移動になります。

○アドレスバー部分で TAB 押下すると、ファイルリストにフォーカス
 まぁ、上記の変更に伴って。

○ファイルリスト部分で Ctrl+M 押下すると、転送モード変更
 ショートカット増えすぎても面倒そうなので、ASCII -> BINARY -> AUTO(-> ASCII)の順で変化するようにしてみました。

○ファイル一覧の読み込み直後、先頭のファイルにフォーカス
 こうしておかないと、ファイル名の入力でさくさく移動できないので。

○ファイル一覧の読み込み中、アクセラレータキーが無効になっていなかったのを修正。
 BackSpace 連打したりすると、挙動がおかしくなっていたので。

注意点としては・・・元の quick hack が Version 1.92 を元にしたものなので、Version 1.92a で加えられた変更が反映されてません。
一応、気をつけてください。


ついでに、ソースいじってる途中で undocumented っぽいショートカットとかに気づいたので、メモ。

メニュー辿ってもわからないショートカットとして、
・BackSpace で親ディレクトリに移動
・Return で ファイルを開く or フォルダ移動
・F2 でファイル名リネーム(メニューには Ctrl+N しか載ってない)
・ALT+Return で CHMOD(メニューには Ctrl+T しか載ってない)
あたりがあるみたい。
上の3つは直感的に使ってたけど、最後のは知らなかった。

ついでに、選択(Ctrl+S)に「ホストのほうが新しいファイルは除外」なんてオプションがあるのに初めて気づいた。
「選択するだけなら MigemizeExplorer 使えばいいじゃん」とか思ってたんだけど、こういうオプションがあるんなら使ってもいいかも。


さらについでに。
追加して欲しい感じの機能を列挙してみる。
(暇だったら実装しちゃおうと思ったけど、手間その他を考えて保留)

○ローカルファイルとリモートファイルの比較
 「ちゃんと新しいファイルがアップロードされてるのかな?」というときのために。
 ツール周りを拡張してできないものかな、とか思ったり。

○FFFTP から他のアプリケーションへ D&D
 こういうのができると、FFFTP をファイラ代わりに使えそう。
 外部アプリケーションへの D&D に関しては資料が少ないけど、
 WM_DROPFILEメッセージの引数の構造体は?
 あたりが参考になりそう。

○リモートファイル一覧の列挙
 たまに、mls * みたいなことができればなー、と思うことが。

○最後の n byte を表示
 巨大なログファイルの末尾だけを見たいような場合に。
 レジューム周りの機能をうまく流用すればできないかな、とか。

○Ctrl+TAB で別ウィンドウの FFFTP に移動
 TeraTerm みたいな感じで。

○INI ファイルへの書き込みタイミング変更
 現在は FFFTP を閉じるときに書き込まれる(?)
 これだと複数起動時に変なことになっている気がする。
posted at 01:12:46 on 2005-08-22 by miau - Category: General No Trackbacks - Permalink

TrackBack

このエントリにトラックバックはありません
現在トラックバックは受け付けていません。

Comments

No comments yet

Add Comments

現在コメントは受け付けていません。
お手数ですが、 こちら のコメント欄にでも記載していただければと思います。